戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会

戦争で犠牲となった人々に哀悼の誠を捧げ、永遠の平和を誓う

71回目の終戦の日を迎えた8月15日、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会(主催:フォーラム平和・人権・環境)」が開催されました。戦後71年、日本は大きな時代の分岐点に立っています。戦後、日本人が育み、培ってきた「平和主義」が危機に瀕しています。戦争法の具体化、沖縄への新基地建設、原発再稼動、貧困と格差社会の深刻化、憲法改悪、その先にあるのは、戦争とファシズムです。今を生きる者の責任として、日本を「戦争のできる国」にしようとする安倍政権にストップをかける、それは未来への誓いです。

詳細へ

News 最新ニュース

過去記事一覧

ニュース 2016年06月28日

全労協 第11回組織化合宿

ニュース 2016年06月27日

狭山差別事件現地調査を実施

ニュース 2016年05月29日

第53年次自治研集会

ニュース 2016年05月19日

5.15沖縄平和行進